英語の勉強法|英語を使って20年の外資商社マンが語ります

英語の勉強は実は簡単です。しかし間違った勉強法を選ぶと・・・
頑張っても頑張っても話せるようになりません。あなたが今、英語に苦労しているとすると、

 

間違った勉強をしているのかも知れません。

 

私は外資系商社に10年勤める商社マンです。毎日英語でお仕事させて頂いています。英語での交渉事も多く、様々なシーンで英語を使ってきました。しかし、私には留学経験はありません。日本で地道に英語の勉強をして、英語が話せるようになりました

 

日本で英語を覚えたいとお考えのあなたは、当サイトをジックリ読んでみて下さいね。私の経験をそのまま再現するだけでもかなり英語が上達すると思います。
これまで英語を使って外国人達と仕事やプライベートを過ごしてきた経験から、
英語を覚えたいあなたにヒントを書いていきます。あなたの英語を上達するヒントになれば幸いです!

 

英語 勉強法

 

英語力をつけたいとお悩みのあなた。具体的には、それは語彙力でしょうか。ヒアリングの能力でしょうか。それともネイティブに通じる発音でしょうか。私もかつてその悩みを持っていましたので、お気持ちは本当によく判ります。どうすれば改善できるか、
(カタコトでも何とか話せるようになる分)長い間をかけて
英語の勉強すればする程見失いがちです。

 

 

私は中学校時代からとても英語が得意で、成績は常に良かったように思います。
しかし高校でも受験英語も必死で覚えていたにも関わらず、外国人と話す際にはわずか数分間の自己紹介すら英語で話すことができませんでした。せいぜい名前くらいしか言えませんでした。かつ、ネイティブ・イングリッシュ・スピーカー(母国語で英語を話す人)の言っている事の半分も理解できませんでした。なので、いつも疑問に思っていました。

 

 

おかしくないか??学校の成績はいいのに何で話せるようにならないの??

 

英語 勉強法

 

 

今思えば、私達が学校で学んだ英語勉強法は、残念ながら

 

英語を話せるようになるために作られた物ではないのです。

 

試験の中で合格者を絞る為、つまり人を落とすために作られているので、本当は英語の日常会話では十分に通用する答えを書いていても、不正解という扱いを受けます。これが全ての元凶のように思います。

 

 

私は外資系商社に勤めて10年と書きましたが、「話す為の英語」を覚えてからは既に20年間、英語を話しています。うち、16年間に渡って毎日仕事で使っています。ビジネス英語の世界で、ネイティブと交渉をしたり、ホームパーティーに行って家族ぐるみで交流を深めたり、若い頃は些細なきっかけで英語で口ケンカしたり・・・(-_-) と、アメリカ、カナダ、ドイツ、イタリア、フランス、オランダ、イギリス、スペイン、韓国、台湾、中国、シンガポール、マレーシア・・・と、英語が話せるようになったお陰で・・・
世界を飛び回って仕事や旅行を楽しむ事ができました。現在は外資系商社に勤め、日々英語での交渉をしながら日本により良い製品を流通する仕事をしています。

 

 

私がどのようにして英語を覚えたのか、
そして数ヶ月あればそこそこ英語を話せるようになり、
半年も本気で取り組めばペラペラになれるようなヒントと、
オススメの教材などを載せてみました。

 

 

海外旅行で苦労せずにホテル予約をしたり、マーケットで価格交渉をしたり、レストランでオススメの料理を聞いて注文したり。ハリウッド映画を字幕もなく見ながら楽しんだり。街で困っている外国人に英語で声をかけて道を教えてあげたり。そんな日々に憧れている方に、是非読んで頂ける事を願っています。^^

 

 

 

 

最短で英語を話すコツ

 

よく、いきなり高いお金を払って英会話スクールに行く方がいらっしゃいますが、そういう知人から、なかなか英語が上達しない・・・と相談された事があります。率直に言って、準備なしに
英会話スクールに行ってもお金と時間がかかるだけですし、あまり英語が話せるようにはなりませんのでお勧めしません。スポーツをするのに、いきなり試合に出ても活躍できないのと同じ理屈です。私が英語を教える際に必ず伝える方法は:

 

  • まずは家で練習する

 

  • その練習成果を確かめるために外国人と話す。

 

 

どうして家で練習が先かと言いますと、例えば今から英会話スクールが始まるとします。最初は個人ではなく団体でレッスンを受ける方が多いです。60分間、1人の講師のリードで発音を練習したり、グループで話をしたり。その時間、何を言えば良いかが判らないので、グループの中で比較的上手な方が多く話しがちです。講師は当然初心者にも優しく話しかけてくれますが、何を言ってるか判らないし、私達日本人はどうしても外国人と話すと緊張するのです。そして60分間が終了。。。

 

 

これ、どれだけ英語の上達に繋がっていると思いますか?講師が丁寧に話しかけてくれるので、英語を話しているような気持ちになりますが、、、

 

 

それでは半年でペラペラにはなれません

 

 

いきなり英会話スクールだけ行ってもダメですが、60分間外国人と英会話するために、家で毎日30分だけでも単語熟語を覚えたり、英語の発音練習をやっておくのです。これができる、できないで上達スピードは恐ろしく違います

 

 

ですので。英会話スクールに数ヶ月通って数万円を無駄にするのなら、
同じお金を効果的な英語の勉強法に投資してみて下さい。

 

 

英語の商材はたくさん出ているのでどれが良いか判らないかも知れませんが、身近で英語がペラペラな方がいればオススメを聞いてみて下さい。
私が教えてきた友人知人達も納得してくれた最も重要な英語の勉強法は・・・・
なるべく苦痛なく楽しめみがら学べる英語の教材を購入する事、です。

 

 

どうしても英語が苦手だとか発音が難しいと思うと、毎日勉強するのはなかなか難しいです。そもそも、英語は「ことば」ですから、勉強をカリカリするよりも慣れる事で身につきます。例えば下の教材は、本当に楽しみながらいつの間にか英語力が上がっていきます。発音を改善したい、これからキレイな英語の発音を身につけたい方にはお宝情報満載でした。中でもラジオを聞く感覚で教えてくれる「DJトーク」。マイケル・リーヴァスさんはハワイ生まれの方ですが、この方が英語が上手になる為のポイントをとっても解りやすく説明してくれています。

 

英語 勉強法

 

 

下の公式ページを見ると、中断にマイケル・リーヴァスさんの写真があって、その左に丸で囲んだボタンがありますので、実際にDJトークを聞いてみると良いと思います。楽しい雰囲気が伝わると思います^^

 

 

公式サイトで動画や詳しい説明を観るにはこちら。

>


【1日6分?】この今!バカ売れしてる英会話教材

 

教材の中では、日本人が苦労する母音と子音の発音の仕方、RとLの発音の違い、fやvの発音の仕方、Th、Ch、Sh等も判るような音を繰り返し聞くことで区別できるようになっています。

 

 

↑の公式サイトには、体験者の声も公開されています。ペラペラな方ばかりですね。
教材を買わなくても、発音を良くしたい、英語で伸び悩んでいる方は必見だと思います。

 

 

英語力を格安で伸ばす方法

 

上で紹介した「ネイティブイングリッシュ」という教材を使うと、後々重要な「基礎」が格段にレベルアップします。
あなた自身でも英語で夢を見たり、外国人に対して言える幅が広がったり英語力が上がってきた実感が出てくると思います。

 

 

 

ここまで来れば、次に加速的に英語力を伸ばすチャンスです。
教材で学んだ事を更にレベルアップしていくステップ2は格安でできます( ̄ー ̄)ニヤリ

 

  1. 今持っている好きな映画を英語の音声、英語の字幕で見ます。

    (持ってなければDVDをレンタルしたり買ったりして下さいね)

  2.  

  3. 好きな俳優さんを1人設定します。
  4.  

  5. 映画の間ひたすらその人の”モノマネ”をします。

 

役になりきって、最初は字幕を読みながら、1シーンだけでもいいです。最初は早くて、全然着いていけないです。そもそも単語がわからないです。俳優さんが話している言葉を英語字幕で見て、一つ一つ調べます。すると、俳優さんが言っている事が、字幕とは意味が微妙に違う事も解ってきますし、ご自身の理解がどんどん進みます。1シーンだけでも真似ができると英語がうまくなった気がしててどんどん楽しくなります。そして映画が終わる頃には・・・?( ̄ー ̄)ニヤリ

 

 

これを10回やる頃には、単語の意味も覚え、段々とセリフを言えるスピードも上がり、どういう雰囲気で、どういう抑揚で話すか、という英語でとっても重要なスキルがいつの間にか身につきます。で、終わったら次の映画に行きます。こうやって、少しずつ話せるニュアンスを広げると、勉強している感じはありません。気分は役者さんです。笑 
(私はこれを大学時代にVHSでやってましたので、今では簡単な「繰り返し聞く」事がとっても大変でした。。。笑)

 

 

私達日本人には、英語ってどうやって発音すればいいか判らないので、自分ではちゃんと発音しているつもりなのに、できていないのです。だから通じないし、通じないから自信がなくなっていく。そんな悪循環に陥る方も居ます。だからまずは正しい英語を徹底的に耳に入れて、その後にどんどん発音してみる事が重要です。英語をどんどん耳に入れると、抑揚の上げ下げが身についてきます。ここが身についたらかなり英語が通じるようになります。

日常英会話を覚えるコツ

日常英会話 または 日常会話 よく聞きますが、実際どれくらい話せる事が日常会話なんでしょうか。個人的にはカタコトレベルでは日常会話とは言えないと思いますので、普通に詰まらずに買い物や病院、市役所での手続き等で話す事ができるレベルが日常英会話だと思います。なので、結構ハードル高いです。 どうやったら日常会話が普通にできるようになるかと言いますと、まずは 日本語で考える習慣を止める事をオススメします。 英語の単語を増やす努力をしつつ、今知っている英単語の中で会話を組み立てる努力をすると、英語を話すスピードが格段に上がっていき、相手にも通じやすくなっていきます。 多くの英語初心者は、色んな言葉を知りすぎている日本語で考えるから、頭の中で英語に訳せなくなって言葉が詰まります。自分が知っている英単語だけで考えるという事は、(中学生レベルの最低限の単語は覚えないと仕方がありませんが)一度慣れててしまえば、とにかく会話は通じますので”言い回し”を増やす事に注力できます。そして、流暢に話す事にも繋がります。 悪い例) ここから市役所へはどうやって行けばいいですか?(日本語で考えている) ここ here 市役所 city department どうやって how 行く get to How can I get to City department from here?   と考えずに、 良い例)where  city department (英語で考えている) Where is City department? ほら、単語を繋げるだけでも通じる英語になりました。最初はピンと来ないかも知れませんが、まずはやってみて下さいね。あなた自身が驚くスピードで英語を話せるようになっていくのですから、やらないと損です! 他にも、文章を過去形にするにはDIDを使えばいいです。受験ではXだったかも知れませんが、日常英会話では◯です。過去形の言い方を知らなくても通じるので。(厳密には強調的な意味合いになりますが、意味は通じます。) I came here long time ago. I did come here long time ago. あなたがもっと流暢に英語を話してみたいなら、是非お試し下さいね(^m^) 発音を良くするには徹底的に”英語の音”を発音できるようになる訓練をお勧めします。その為にはリスニングの力を限界まで伸ばす事が近道です。これまで10年以上、色んな教材を見てきましたが、これ程楽しみながら英語力を上げられる教材は初めてです。

↓コチラです。

英語の発音を良くする方法

英語の発音を良くするには、これまで書いてきた方法に加えて、正しい音を知る必要があります。

 

 

正しい音を知らなければ、改善しようがありませんから。

 

↓恥ずかしいですが、コチラで英語と日本語の自己紹介(音声ファイル)を公開しています。宜しければ聞いて下さいね。^^

 

 

英語で自己紹介

 

 

 

 

ゼロから英語がペラペラになったきっかけ

私がどうやって英語を覚えたかをお話します。きっと社会人で、必要に迫られてこれから
英語を覚えなければならない方に参考になるのではないかと思います。^^

 

 

大学に入って授業を受けていたら、たまたまTという男に出会いました。英語の講義で英語を話す必要があったのですが、1年目の最初の授業だったにも関わらず、彼はペラペラだったのです。私はその頃、英語を本気で話せるようになりたい、と思っていたので、授業が終わった後に彼に声をかけました。「何でそんなに英語がペラペラなんですか?」 

 

 

彼は恐らく同じ質問を何度もされているのでしょう。多少面倒くさそうに、

 

T:「アメリカの高校に行ってたので・・・。いわゆる帰国子女なんです。」

 

そこで、大抵の人は「あぁ、だからか。」

 

って答えるそうです。もし、そう言ってたら今の私はありません

 

 

 

私はそうは思いませんでした。ちょっと想像してみて下さい。
幼少時代からアメリカに居たなら話は別ですが、「アメリカに行ったから」突然英語が話せるようになると思いますか?私にはそうは思えませんでした。そこで、もう一度聞きました。

 

私:「アメリカの高校で、どうやって話せるようになったんですか?」 彼は初めて嬉しそうな顔をして、饒舌に語り始めました。

 

T:「実は最初はめちゃくちゃ苦労したんですよ。全く勉強方法が判らないから自分なりに考えて、必死で勉強して。とにかくカタコトでいいのでも、積極的にアメリカ人と話すようにしました。でも元々俺は英語は苦手だったので単語も知らないし、最初はこちらが声をかけても発音が悪過ぎて通じない毎日。
運良く通じても次に相手が言ってる事が判らない。異国で言葉が通じない日々は16歳だった俺には過酷で、気が狂いそうになりましたよ。だから悩みながら勉強したんですよ。」

 

 

気がついたらそのまま1時間も彼の話に聞き入っていました。T曰く、その時の私の目がキラッキラしてて、ついつい嬉しくなって話し込んだんだそうです。笑 
そりゃ、キラキラするでしょ?だって私が探してた答えを実践している人がここに居て、出会ってしまったのです。それから私は彼に「英語を教えて下さい」とお願いし、どうやって英語を勉強すれば良いか徹底的に教わりました。出会って20年が経った今でも彼は私の親友です。^^

 

 

私は彼の影響で発音がキレイな”カッコ良い英語”を話したいと考えていたので、「アイ ウォント トゥー」という日本人英語ではなく、「I want to」という英語の音を発音できるよう努力しました。
英語にはカタカナでは表せない音がいっぱいあるのです。

 

 

それを耳で聞いたまま発音できるよう努めていました。しかし、彼のお陰で、実際には私がその頃はちゃんと英語の音を聞けていない事が判りました。
聞けていないのでちゃんと発音できないのです。幸いにも私は彼にその音を聞き取るコツを日本語で説明してもらいつつ、発音するに際して口の使い方や、舌の使い方も学ぶことができました。そして発音は彼の勧めもあって、映画で話している俳優さんのセリフから学びました。Tという先生を友人にできた私はとてもラッキーだったと思います。

 

 

なかなかそういう出会いは少ないと思いますが、この”先生”は必ずしも友人知人ではなく、色んな形で学べる時代になりました。
Youtubeでも、DVDレンタルでも学べますし、Amazonプライム、Yahooプレミアムメンバー等のメンバーならスマホで映画が見放題になっています。この時代に上でご紹介した英語上達法を使えば、3ヶ月から半年もあればペラペラになる方続出だと確信しています。

 

 

 

当サイトの情報に関して何かご質問が有りましたら、お気軽にメール頂ければ幸いです。あなたの英語勉強の苦痛を取り除くお手伝いができたなら幸いです。英語を話して、目の色、髪の色、そして考え方が根本的に違う外国人との触れ合いを楽しんで下さいね。

 

 

ページの先頭へ戻る