英語で自己紹介

英語を話したいと憧れている方、ある程度話せるけどもっと上手になりたい方、英語は既にペラペラ話せるけど発音が通じない事がある方・・・等、英語はレベルに応じた悩みがありますよね。最短でネイティブに通じる話せるようになるのかのヒントを綴っていきたいと思います。

 

私は竜と申します。英語を日本で独学で勉強し、大学在学中に半年間でいわゆるペラペラレベルになって以来、20年間英語を話しています。うち、16年は仕事で英語を使っています。現在は外資系でバリバリ働いています。(^^) しかし、私は学校の英語は得意だったのに英会話となると自己紹介すらできないというジレンマを抱えていました。

 

20年間の英語を話す日々を経て、今ではもうジレンマはありません。
↓ 恥ずかしいですが、私の話す英語を録音してみましたので再生ボタンを押して聞いて下さい。(/ω\)

 

操作がわかりにくいですが、下の画像の丸で囲んだ

再生ボタンを押してみて下さいね。

↓自己紹介の音声はこちらです。 (注:音が出ますので、ボリュームにご注意下さい)

 

いかがでしょうか?”緊張して日本語が訛ってるじゃないか!”というクレームはどうかご勘弁を。。。(/ω\)
実際、皆さんの想像より、英語の発音は良かったでしょうか?悪かったでしょうか?私自身は決して自分の英語の発音に満足はしていませんが、
外国人と話していて発音が通じない事はほぼ無いです。どうやって発音を練習したか?にご興味がおありな方は、

トップページでご紹介している英語の教材は、私が発音を良くする為にとっても重要だと考えて練習してきたことを、ネイティブの方がかなり詳しく説明しています。もし、カッコイイ英語、キレイな英語を話したいと考えている方は、英会話スクールに10万も20万も払う前に、たった3万円弱のこれを先にやった方が早いです

 

スポーツが好きな方は知っているはずです。基礎練習は先に徹底的にやっておかないと、試合では突然できるようにはならないです。発音の仕方を学ぶ事=基礎練習、外国人との会話=試合と考えるとイメージしやすいのではないでしょうか?日本人で英語が話せる人達がどうしてあんなに発音が悪いのか?それは基礎的な発音の仕方を知らないからです。

 

つまり。先に覚えてしまえばいいのです。たった数週間努力するだけ。それだけで・・・
この先の何十年、「英語がとってもお上手ですね」って言われる事になりますよ。(・∀・)b

 

 

 

いかがでしょうか。私は20年前に英語を身につけたので、DVDやインターネット等、英語を格安で勉強できる今の時代の方々がとっても羨ましいです。しかしもしかしたら、当時の私と同じ様に、「かっこいい英語」や「キレイな英語」を話すにはどうすればいいか悩んでいる方がたくさんいるのではないか。その方々にとって、私が苦労に苦労を重ねて覚えた体験談は参考になるのではないか、そう考えてこのサイトを立ち上げました。どなたかのお役に立てれば嬉しいです。(^^)

 

英語を上手に話すヒントを読む

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ