日本人が英語が下手だと言われる理由

ヘタだと言われるにはワケがあります。

そもそも、日本語と英語では

背景にある文化が違いすぎます。

ゲルマン時代の英語がどうのこうのではなく、

近代英語のお話ではありますが、、、

 

 

英語は主張してナンボの世界です。

意見を求められた時に自分の考え方を

しっかり表明できる事が求めららます。

 

求められると言うと実は日本人視点で、

彼らはそういう教育で育ってるので

自分の意見を言う事に躊躇しません。

 

 

もちろん率直な言い方をする人や

遠回しな言い方をする人の違いはあります。

でも、大半の人が意見は表明します。

 

 

日本人は、往々にして討論が苦手な人種ですので、

本当はしっかりとした考え方をしていても

これが表現できない方が多い。

 

 

私はこれを、ビジネス上の現場で何度も

目の当たりにして来ました。

 

 

英語だとモゴモゴ何言ってるか分からない方が

日本語で言ってもらうとかなり

的を得た意見を仰る。

 

 

私が訳し一同”Ah….good point!”と唸る。

 

 

ここで考えて頂きたいのは、

発音の上手い下手もあります。

しかし、まず

“言おうとしない事”こそが

英語の上達を妨げ、

英語圏の方々との交流を妨げています。

 

 

自分の主張、意見は明確に言えるようになる。

これを意識するだけで、

英語力が格段に上がります。

(具体的な言い回しはまた後日書く事にしますね)

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ