英語を上手に話すコツ

英語を話す際に、

上手に話したいという方は多いですが、

何が必要か判らない方が多いそうです。

 

単語量はあった方が良いのですけど、

話せないうちから単語を勉強しても

苦痛で止めてしまう方も多いのでは。

 

もっと大事なことがありますよ。

 

 

それは、

文化を知ることです。

 

これの反対に当たることは、

日本語文化のままで英語を話す事です。

私はかつて日本で努力をして

英語が話せるようになりましたが、

弊害として日本語脳のまま英語を話していました。

なので、どうも相手と会話が噛み合わない事が多々ありました。

例えば、日本人は自分を謙遜する事で

相手を立てます。

若いアメリカ人女性の友人から

「奥さん可愛いですね。」

って英語で言われたら何と答えますか?

日本語だと、特に年配の方は

「そんな事ありません、何にもできない愚妻です」

なんて言いそうです。

これ、間違いです。

特に相手が女性で自分の妻を悪く言うなんて、

英語の世界ではとんでもない事です。

(親しい友人に相談する事はあり得ます)

下手をしたら、その友人を口説いていると

勘違いされそうです。笑

では、正解はなんでしょう?私なら、

「Thank you. She is such a good wife and my best friend, too.」

なんて答えます。

今回は例えが極端だったかもしれませんが、

本当にあった笑い話です。

是非、文化の違いを意識してみて下さいね。

それだけで英語での会話力が劇的にアップしますから。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ