カッコイイビジネス英語

ビジネス英語ってどんな英語を想像されますか?実際にはビジネス英語って、ペラペラ話すというよりも、ゆっくりでも確実に要点を抑えた英語力を指す事が多いかもしれません。

 

 

カッコイイ英語は、発音が良いイギリス英語やアメリカ英語の発音だったり、ラップを上手に歌えたり・・・である事が多いですが、ビジネス英語ではビジネス上の目的を果たすことが最もカッコイイと思います。

 

 

 

例えば英語でサラっとやるとカッコイイビジネスシーンを例として挙げますと:

 

 

 

交渉事で上手く物事を進める

 

 

 

プレゼンを成功させて拍手喝采を浴びる

 

 

 

怒っているお客さんに英語で謝罪と誠意を伝えて最低限のダメージに抑える

 

 

などです。

 

 

 

つまり、これは英語力を上げる努力は勿論なのですが、他の必要な要素は日本語でトレーニングができます。交渉を進めるには交渉力を鍛えるトレーニングを詰めば良いですし、プレゼンテーションではまずはプレゼン能力を上げる努力をすれば良いです。また、怒っているお客さんを沈めるには謝罪に加えてどのように修正するのか提案として持っていくか、最低でも具体的な将来像を説明する必要がありますがこれも日本語で検討できますね。

 

 

 

え?そういう事ではなくて、ですか?? ↑も結構重要なビジネス英語の本質なんですが・・・(;・∀・)
カッコイイビジネス英語その物ですか?(;・∀・)
なるほど。。。

 

 

 

ビジネス英語で意識すると良いのは、丁寧語です。日本よりもうんとオープンな英語文化でも、やはりビジネス上は礼儀正しい(polite)と感じられる英語を話して損はありません。

 

 

英語では丁寧語にするとcan, will, shall, mayなどの助動詞が過去形になりますが、これらの丁寧語もビジネス英語では必須ですね。助動詞を過去形にすると仮のお話になるので、断言するのではなく、言い方として少し相手余地を与える言い方となります。

 

例)
通常:   I think he is correct.
ビジネス:  Iwould think he would be correct.

 

通常:   You may want to think about it.
ビジネス:  You mightwant to think about it.

 

 

 

さらに、ちょっとだけ難しい言い方を使うと良いです。

 

例)
通常:   I want to go there.
ビジネス: I would like to go there.

 

通常:   I think he is correct.
ビジネス: It sounds he is correct.

 

通常:   I thought about the possibility.
ビジネス:  I considered the possibility.

 

 

もう一つ。勉強が好きな方や、実際に英語圏にいらっしゃる方にオススメなのですが、語彙(vocabulary)を増やしましょうビジネスマンとして尊敬される職位にいらっしゃる方々の英語は、往々にして単語量が非常に多いです。現場営業や現場技術は中学生レベルの英単語で何とかなる場合も多いのですが、マネジメントクラスのような話し方にはやはり高度な単語をたくさん使ったほうがカッコイイ英語に聞こえますよ。

 

 

 

トップページに戻る